topimage

2017-06

食器棚が来ましたー! - 2015.01.13 Tue

昨日は、鼻血を出すこともなく
無事に食器棚を受け取りました。
待ちに待った食器棚・・・幸せです( *´∀`*)

さて、今回食器棚を探すにあたり
自分なりに条件がいくつかありました。

①大きすぎないこと
②脚がついていること
③木目調であること
④オープンシェルフか
 もしくはガラス扉で中が見えること
⑤レトロな雰囲気であること

そして、その条件を全てクリアし、
一目ぼれして手に入れた食器棚が
こちらです↓↓↓↓
schreiber cupboard1
schreiber cupboard2
これ??と思われそうですが
そうです!!
こんなシンプルなものですが
一目ぼれだったのです(≧▽≦)ノ
ちょっと昭和っぽいところも
私にはとても魅力的( ´艸`)
写真だと分かりにくいですが
日本でも使えそうな
大きすぎないサイズです。

しかも食器棚ではないような気もしますが
(なんかテレビを置けそうだし)
そんな小さいこと気に致しません(。-`ω´-)
私が食器を置けば
これは食器棚になるのです!

schreiber cupboard3
一段だけこのように
ガラス戸と背板がついているのも
一目ぼれポイントでした♪
ここにはマグやタンブラーを
入れる予定です。

それから一番下の部分が
schreiber cupboard5
schreiber cupboard4
スペースがちゃんと区切られているのも
収納しやすそうでいいのです!
引戸なのもレトロでいいのです!!

そんなこの棚は、
イギリスのミッドセンチュリーのもの。
Schreiberというメーカーの家具です。
schreiber cupboard6
現代でいうIKEAのような
「デザインはいいけど良心的な価格」
という立ち位置だったようで
新婚家庭で選ばれることの多い
家具メーカーだったそうです。

拭き掃除をしていたらこんなものも見つけました。
schreiber cupboard7
検品のマークです☆
日付らしきスタンプが押されていて
66?68?とにかくそんな感じの
数字が下の方に見えるので、
1960年代にできたものではないかと
思われます。

ちなみにこれを見つけたのは
初めて行ったアンティーク家具のお店でした。
たまたまネット上で宣伝を見て
お店の品揃えが好みだったので行ってみたら
お店の奥でこれが待っていてくれたのです☆
見た瞬間「好きーーーー!!∑(゚д゚*)」と
棚相手に告白しそうになった私。
妥協せずに探し続けて良かったです!

食器を入れたところは
また改めてお届けします(。・ω・)ノ
配置を考えるだけで
しばらく楽しめそうです(≧▽≦)
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは。
いかにも、ミッドセンチュリーな感じの家具ですね。当時の家具、電化製品などには足付き、mikiさんの家具の足みたいな、がわりと多かったような。思い描いていた家具が見つかり、購入できて良かったですね。

こんばんは(^^)

素敵素敵ー!!
私もドツボですー!!
これはディスプレイが楽しみですねー!
ああ、気持ちが逸ります!(≧▽≦)←自分のじゃないのにー(爆

ガラス戸…これ、探している条件なんですよね、ほんと。
こんな素敵な食器棚、私も頑張って見つけたいと思います!
ディスプレイ後も楽しみにしていますねー!(≧▽≦)vv

うっわぁ〜っっ!!!素敵ですよぉ〜mikiさんっっ♪
なんて素敵な食器棚なんでしょうっっ!!!
私もこういうデザインだ〜い好き(*^_^*)

うんうん。おっしゃるとおり昭和レトロっぽいですね♪
すごく懐かしい感じがして温かみがありますね。
私の今の食器棚は北欧風ですが、実は昭和レトロも一生懸命探していたんですよ〜
ネットでたくさん検索したんだけど、骨董屋さんで扱ってるのはすごく高くて・・・(ToT)

mikiさんが「好き〜〜〜」と告白しそうになった気持ち・・・
妥協しないで探し続けて良かったっていう気持ち・・・
すっご〜く良くわかります(*^_^*)。私も全く同じだったから。
食器や雑貨もご縁ですが、食器棚もご縁なんだなぁ〜ってしみじみ感じます。
mikiさんのシアワセな気持ちがこちらまで伝わって来て、私までシアワセです♪

そうそう!!引き戸ってめっちゃポイント高いですよねっ(^_~)☆
我が家の場合、3.11の地震の際に食器棚の扉が開いて食器が散乱した経験をふまえ
買い替えるなら絶対に引き戸がいいなって思ってたんですよ。

この食器棚にmikiさんの大好きな食器たちが並べられるんですね〜
どうぞあれこれ楽しく迷いながら、素敵に飾り付けしてくださいねっ!!
これからも楽しみにしていま〜す(^o^)/

なんて素敵食器棚なんでしょう。mikiinusaさんが一目ぼれされたのも良く分かります。
私は特に足の部分のデザインが好きです。大きな開口部もいろいろな使い方が出来そうですね。
古いお品なのにゆがみやたわみが全然無く、しっかり作られているように見えるのに
大きな家具にありがちな圧迫感がまったく無く、適度な空間があって、お掃除もしやすそう。

ガラス部分や引き戸部分は、用途別に食器をしまえそうですし、何といっても、
昔、応接間にあったような昭和レトロの雰囲気がたまりませんね。
よく、見つけられましたね。
また、これがイギリスのものでそれがアメリカにあるというのが驚きです。

この食器棚がmikiinusaさんの幸せで一杯になりますように。
いやいやもうすでに溢れてますね。

mamirinさん、コメントありがとうございます!
この足の感じがミッドセンチュリーらしいですよね。まさに欲しいと思っていたスタイルだったので、ご縁があって本当に嬉しかったです♪
ミッドセンチュリーのものは、イギリスの物もアメリカの物も丈夫で可愛いので、これからもいい家具に出会えたらなぁと思います( *´∀`)ノ

nyancoさん、今日もありがとうございます!
この棚いいですよねー(*´艸`)共感してもらえて本当に嬉しいです(≧▽≦)ノ
ディスプレイも、あっちこっち食器を置いたりどけたりしながら頑張っています!楽しいです!

やっぱり細かいものは埃が気になるので、ガラス戸はいいですよね。
この棚はオープンシェルフとガラス戸の両方兼ね備えていたので、本当にラッキーでした(〃▽〃)
nyancoさんも、食器棚探し中なんですね!!どうか素敵な出会いがありますように☆

レオねねさん、今日もありがとうございます!
そして、食器棚ほめていただいてありがとうございます♪ちょっとデザインが変わっていて、置き方を色々と工夫できそうなのもお気に入りなんです(≧▽≦)

本物の昭和レトロの棚は、やはりお高いんですね( ゚д゚ )あ、別にこれが偽物の昭和レトロというわけではないのですが(笑)
こちらでも、ミッドセンチュリーのいい物はやはり高いです。オークションでもかなり高額で取引されているので、そんな中お手頃価格で手に入れることができて、良かったです♪
本当に、こういうのもご縁なんですね( *´∀`*)
告白してしまう気持ちも、共感していただけて嬉しいです!物に対しても恋してしまうことってありますよね!!気持ちだけはいつまでも乙女ですし!!(笑)

引戸、確かに地震のときとかには食器を守ってくれそうですね。
我が家でも、猫がいじりたくなりそうな細かいものはガラスの引戸の中に仕舞えることになったので、ほっとしています(^^)
食器もあれこれ並べていると「こんなものがあればいいのに!」とまた新たな食器が欲しくなったりして危険ですが、楽しんで自分の好きな空間を作り上げたいです(o'∀'o)ゝ

あおむしあげはさん、今日もありがとうございます!
まさにあおむしあげはさんがおっしゃって下さったように、そこそこ大きく丈夫であるのに、それを感じさせない軽やかさがあるんです。
きっと足があったり、オープンシェルフになったりしていることで、そう見えるのだと思いますが、アメリカの家にしては小ぶりな我が家にぴったりな存在感です。

大きな開口部が、一番食器の置き方に苦心しているところでもありますが、普通の食器棚であれば絶対に置けないサイズの物が置けるのもいいです。
昭和の家にこれがあったとしたら、ここに象印の大きな花柄のポットとか置いてありそうですよね!
応接間に置いてありそうな雰囲気、まさにそんな感じの物を探していたので、そう言っていただけると嬉しいです♪

イギリスで生まれた棚を、アメリカで日本人が買うなんて、きっとこの食器棚自身もびっくりしているに違いありません。私の幸せを詰め込んで大事にしていきたいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mikiinusa.blog.fc2.com/tb.php/403-40ac41b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

食器を入れてみました «  | BLOG TOP |  » 嵐の前に(?)地味にあれこれ

プロフィール

mikiinusa

Author:mikiinusa
3回目となる2016年の夏のフリマも、皆さまのおかげで無事終了いたしました。ありがとうございました!
改めまして、地道に集めた自分用のビンテージものに加え、フリマ予定の食器や雑貨たちを紹介していきます。
「フリマ予定」のカテゴリにある食器や雑貨たちは、2017年の6月のどこかの土曜日に大井競馬場のフリーマーケットで安く販売予定です。
それまで待つけど絶対にこれは欲しいという、気長かつ意志の強い方がいらしたら、
mikiinusa@hotmail.co.jp
までメールをいただければ予約も受け付けます。
もちろん、送料は別途いただきますが、郵送もいたします。
詳しいことは「はじめに」をお読みください。
*申し訳ありませんが、代理購入は受け付けておりません。ご了承ください。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
フリマ予定 (10)
予約済み (19)
未決定! (0)
自宅用 (254)
戦利品速報など (217)
アメリカ生活 (156)
アメリカ玩具 (4)
DIY (2)
お知らせ (28)
日本生活 (18)
sold out (197)
未分類 (5)
家具 (17)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ご訪問者様数☆